So-net無料ブログ作成
検索選択

「JESUS砂塵航路」4巻&「死がふたりを分かつまで」11巻 同時発売 [お知らせ]

明日、2月27日。
クロスオーバー企画進行中の「砂塵航路」4巻と「死がふた」11巻が同時に発売されます。
単行本の表紙はこんな感じです。

SAJIN04.jpg

SHIGA11.jpg






死がふたりを分かつまで 11 (ヤングガンガンコミックス)

死がふたりを分かつまで 11 (ヤングガンガンコミックス)

  • 作者: たかしげ 宙
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/02/27
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(31)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 31

リリィ

JESUS-砂塵航路-4巻買いました!
クロスオーバーも斬新なアイディアで中々面白いです。
モバMANの方は観てないのでコミック派なのですが、4巻までの所ではまだまだ最初のJESUSを超えてないなぁと思います。
御堂の教え子、三崎の妹とかって引き出しはこれ以上増えないと良いのですが・・・。
辛口コメントですいません。
正統な続編でもやっぱり新たな物語なので、もっと大胆に世界観を広げて欲しいなぁと思います。
先生はまだまだこんなもんじゃないです。
もっとドキドキさせて下さい!
by リリィ (2010-02-28 15:03) 

仁

一日遅れですが「JESUS-砂塵航路」4巻ゲットしました!
今までと違い数ヶ月鼻血堪えて待っていましたのでハラハラドキドキしながら読みました。

火野は相変わらずの下種っぷりで、令嬢に言いように使われていたり、「殺し屋の目」をした刑事こと大田さんが登場したりと基本はJISUSなのですが・・・
これがクロスオーバーの持ち味なのか最後の数ページで世界が変わります。
勝手なイメージですが台場さんは「装着!」と叫んだ後あのスーツを車内で着ていて欲しい。(笑)

最後に余談ですが、私にとって最高のクロスオーバー作品はコミックでは永井豪先生の「バイオレンスジャック」です。


by 仁 (2010-02-28 20:32) 

K

火野に残された道はノッカーズになるしかないのでは!?
そうすりゃジーザスどころかアルクベインにも相手してもらえますね(笑)
by K (2010-03-01 15:48) 

山本美孝

 砂塵航路の最新の話が読みたくて、毎月4,200円のパケット代を払っている山本です(笑)。既に携帯では読んでいるものの、やはり本も買います。

 ただ、「Amazonは確か1,500円以上の購入で送料無料」になるシステムなので、どうしようか迷いましたが、調べてみると「今の期間は、金額に関係なく配送料無料!」Amazonがやはり(・∀・)イイ!!」ということで、今、注文してきました。

 携帯で読むと要所で携帯電話がブルッと震えるのが楽しいし、どこででも読めるのですが、早く紙媒体で読みたいです。
by 山本美孝 (2010-03-01 23:23) 

岡崎導彦

こんにちは、マスター。
元々は高校生の頃に「JESUS」にはまり、そこから
「闇のイージス」、「暁のイージス」を経て「JESU
ES 砂塵航路」で、先生方の悪巧みを知り、まんまと
乗せられてしまったのですが、乗せられて本当に良
かったです。

実は、「闇のイージス」で雁人がジーザスを護ったとき
に鳥肌が立つくらい興奮したんですよ。
これをクロスオーバーと呼べるのかはわかりませんが、
ジーザスが帰ってきたとき、高校生の頃に憧れたヒーロー
が帰ってきたという感じがしたのですよ。
※いい年をしてお恥ずかしい(苦笑)

その上で、今度はJESUSの復活そして、「死が二人を
分かつまで」とのクロスオーバーですか。。。

現在のところ、その世界観をつなぐ橋となっている台場巽
という人物に惹かれてしまい、「死が二人を分かつまで」
はおろか、「アルクベイン」さえ揃えてしまいました。

砂塵航路のジーザスは90年代の頃にあった彼には無い
精神的な余裕さえ感じます。彼ならばきっと、「さらわれた
教え子の最後の一人」をも救い出してくれるでしょう。
私はそう信じています。

そうなると、水谷小百合さんや戸川くん、それに野坂亜紀
さんにそして妹の藤沢真琴さんにもそろそろご登場願いた
いのですが、どうでしょう?

全てが終わった後、教師“藤沢真吾”を囲んでの同窓会な
んって言うのも見てみたいと思います。

戸川君は政治家の卵に、藤沢真琴さんは大学生くらいか
な?何れにせよ、「JESUS」の頃からのファンとしては、彼
らの再登場を願っています。

あと、
モバマンの方だと、「宗方みさき」になっているのに対して、
コミックスの方では初めから「三崎しずく」になっているのは、
そのほうがわかりやすいからですか?

では。
by 岡崎導彦 (2010-03-02 01:00) 

コメ

高校生の頃に「ジーザス」を読んでいた方、割りとおられるんですね。僕もその一人です。
あの頃はジーザスのセリフのひとつひとつがカッコよくてシビレテました。今の「砂塵航路」ってタイトル、カッコよすぎ!初めて見た瞬間、ニヤーっとなりました。
ところでデザートラビッツとナイトゴーンツのマーク、ステッカーやワッペンで販売して欲しいんですが。
大人になってジーザスに「再会」した読者達に。
by コメ (2010-03-02 11:26) 

唄歌い

はじめまして。

さすが火野としか言いようがない展開ですね。
たとえ何所にいてどんな目にあっていようともまた出てきそうで怖いです。

クロスオーバーも順調なようで52話ではゾクゾクしました。

これからの展開にも期待していますがマスターも藤原先生もお体にはお気をつけくださいませ。

モバMANで読んでいるので単行本はゆっくり買おうかなと思っている唄歌いでした。
by 唄歌い (2010-03-08 20:34) 

がーぷ

七月先生、お久しぶりです。がーぷです。

「JESUS砂塵航路」第四巻、拝読致しました。
本当はもっと早く感想を書き込みたかったのだけど、体調が最悪だったもので……遅くなってしまい、申し訳ありません。

第四巻、面白かったです! しかし、それ以上に……。
火野、やってくれますねえ。結果的にジーザスの利となる行動をしてしまったり、味方に打撃を与えたり、どこまでも小物なのが、さすが火野! いやもう、絶対に親族友人仲間には欲しくない逸材ですね。

過去からの因縁、クロスオーバーと、興奮ものの要素が盛りだくさんで嬉しい限りです。これからもお体に気をつけて胸躍らせる漫画を創ってください!
by がーぷ (2010-03-09 18:10) 

山本美孝

 クロスオーバーについては、私は否定的な見解を持っています。なぜかというと七月先生の個性というか才能が「ジーザス」や続編の「砂塵航路」を面白くしているのに、他の作家さんの作品と関連付けられたとしても、その他の作家さんには魅力を感じないからです(言いたい放題ですみません。「死がふたりを分かつまで」の作者陣にはごめんなさいm(__)m)。
 
by 山本美孝 (2010-03-10 00:36) 

マンガー

実は私も山本さんにあ同意見です。
違う作者のキャラクターが登場するのはどう見ても不自然ですし、壊れてしまう気がします。
せいぜい同作者の他作品が限界のような。
私は、七月鏡一先生のキャラクターが他の作者の作品には出て欲しくないですね。
by マンガー (2010-03-20 12:35) 

ジャッジメント

こんにちは。マスター。
私はクロスオーバー期待していますよ。

たかしげ先生の「イージス」にはちゃんとリスペクトを感じましたしね。それにとてもカッコよかった。
マスターももちろん「ブレード」達に対してリスペクトをおもちでしょうから、作品の質等には全く心配しておりません。


他作家の作品が好きになれない方は仕方がありませんが…見なければ良いだけのこと。意見を表明するならご自分のブログなどでおこなってもらいたいです。
少なくともここは「Bar雁の巣」なのでマスターと気持ち良く飲みたいじゃないですか。

他作家のファンの方に不快な思いをさせるのはマスター達の本意ではないと思いますから…

すみませんマスター、勝手なことを申しました。
では。
by ジャッジメント (2010-03-21 13:48) 

K

私は正直七月先生の事は存じてましたが(ARMSにて)
イージス・ジーザスの存在は失礼ながら知らず一度も読んだ事がありませんでした

死がふたりを分かつまでを読んでいて
初めてアナ・リドルというキャラクターが登場する回を読んだ時
イージスを知らない私は、ただ単純に新キャラが出て来た
ぐらいで違和感はまったくありませんでした

むしろ某掲示板にてアナ・リドルをよく知るイージスのファンは
アナ・リドル登場で盛り上がってる書き込みを見て
自分が取り残されている、何で前もってイージスを読んでいなかったんだと後悔し
その後空白の時間を埋めるようにまとめて揃え読みまくりました(笑)

他作品を知らない人は知らなくても、他作品のキャラではなく「新キャラ」として見れば何の違和感も不快感も作品の良さが失われるとも思えませんでした

でもこういった企画には賛否両論あるのも避けられないとは思いますが
私が言える立場ではないと思いますがクロスオーバー否定派のマンガーさんには読むのをやめてほしくないと思いました
難しい事は考えず頭空っぽにして楽しめばいいんじゃないかなと思います
長文失礼致しました(_ _)
by K (2010-03-22 15:16) 

マンガー

すいません。
気分を悪くされた方がいらっしゃるみたいなのでお詫び申し上げます。
荒らすつもりも、議論するつもりもございません。
問題あるようでしたら、この投稿も以前の投稿も削除していただいてかまいません。

多くの漫画家がしていなかったことを前例なき行為
そのものには評価しております。
将来後発組がどんどんマネをするようなって、
最初の成功例と賞賛されるのを望んでおります。

是非ではなく単純な個人の好みの問題です。

私の場合、イージス、ジーザス全て揃えておりますし、
何度も読んでいるからかもしれないです。
Kさんのようにまっさらな状態なら何も感じないと思います。

個人的な見解ですが、
今までクロスオーバーでストーリーにからめた本格的なものがなかったり、
単発で終わっているのは単なる固定観念や業界の旧態依然とした習慣だけではなく、
それなりに合理的な理由があるからだと考えています。
by マンガー (2010-03-23 20:40) 

七月鏡一

 白状しましょう。
 私は漫画によくある「過去の作品の続編」を面白いと思ったことがあまりありません。
 また、「他シリーズのキャラ」がゲスト出演することも面白いと思ったことがあまりありません。
 ご注意を。その手法やそうした作品の全てを否定する意図はありません。あくまでも「あまりない」であって、面白いと評価している作品もちゃんとあります。
 私は作家です。こういう場合、「じゃあ自分だったらどうする?」「どうすれば俺が面白いと思える作品になる?」という問いが必ず出てくるんです。

 ・「闇のイージス」にジーザスが登場したこと
 ・「ジーザス」の続編として「砂塵航路」をスタートしたこと
 ・「死がふたりを分かつまで」とクロスオーバーしたこと

 すべて、こうした問いから始まりました。
 クロスオーバーについては「HXL」に参加したことで、「ああ、こんなやりかたもあるんだ」といろんな発見をしたことが非常に大きかった。

 ・作家同士がダイレクトに意見をぶつけ合えること
 ・自分の作品のテーマを決してぶれさせないこと
 ・何よりもそのこと自体を楽しめること
 ・編集部がちゃんとフォロー出来ること

 これらの条件がそろわない限り、クロスオーバーはうまくいきません。そして実はこの条件をそろえるのはすごく難しい。
 多分、このクロスオーバーは、モバMANとヤングガンガンだから出来たことです。
 ちょっとでも掲載誌の方針や時期がちがったら出来なかったでしょう。
 よくメールで「○○(別の漫画家さんとの作品のキャラ)も出してください」といったご意見もいただきますが、それはほとんど出来ません。クロスオーバーは「なんでもあり」ではなく、実はとてつもなくタイトロープな企画でもあるのです。
 そういう意味ではちっとも「合理的」ではないのです。
 私個人で言えば、「合理的」じゃないから燃えている部分もあったりします。
 とりあえずは見ていてください。
 それが私の覚悟です。

PS:4月の頭ぐらいに「JESUS」とはまたちがうニュースがひとつあります。
by 七月鏡一 (2010-03-24 12:08) 

山本美孝

率直な感想が言えなくなることの方が問題だと思います。
>>他作家の作品が好きになれない方は仕方がありませんが…見なければ良いだけのこと。
>>意見を表明するならご自分のブログなどでおこなってもらいたいです。

 それは「単なるジャッジメントさんの私見」でしかありません。またこの程度のことで、「不快な思い」をするのは「不快な思い」をする側に問題があります。なぜなら、「どう感じるか」は自分自身だけしかコントロールできないからです。

 世の中色々な意見があるので、それらを許容できるだけの懐の深さを持っていただけるとありがたいです。あれれ、私もバーボン呑みすぎたかな(笑)

P.S.
 ちなみに喧嘩を売っているわけじゃないですよ(笑)。


作成日: 2010年3月25日(木)
by 山本美孝 (2010-03-25 01:04) 

山本美孝

七月先生、ごめんなさい。

 まず私は、

 ・「闇のイージス」にジーザスが登場したこと
 ・「ジーザス」の続編として「砂塵航路」をスタートしたこと

には凄く興奮しました。

 また処女作のジーザスで反射的にサッカーボールを手で叩き落とした時に、同じく少年サンデーの作家さんのキャラクターが出てきた時に「あら」と微笑ましく感じました。でも、ちょっと不満だったかも(汗)

 私だって伊達に七月先生の作品「ジーザス」や「イージス」を少なくとも7回以上は、読んでいるわけではないのです。

 ・「死がふたりを分かつまで」とクロスオーバーしたこと

 これについては、私が意見を述べる資格はありません。「死がふたりを分かつまで」を読んでから意見を言うのならとにかく、それも読まずにとやかく言うのは間違いでしたm(__)m どーせ、毎月のパケット代に4,200円支払っている身(爆)なのですから、この際、少し読んでみます。

 他の方は肯定的にコメントされていましたが、私は少年マガジン連載の「バイオレンスジャック」は好きですが、漫画ゴラクにステージを移してからの「ジャック」は面白いと思いませんでした。確かに「あばしり一家」や「マジンガーZ」や「ハレンチ学園」や(ネタバレゴメン)の「デビルマン」のキャラが出てくるのは、懐かしかったものの、しっくりしませんでした。

 今回、七月先生が試みておられるクロスオーバーについては、少なくとも「死をふたりが分かつまで」を読んでいない身としては、ラギ?エレメンツネットワーク?(実はこれはイージスのラストで楯さんが所属する組織として登場した時に違和感を感じましたが、まさか今回(謎))くらいしか分かっていません。

>>とりあえずは見ていてください。
>>それが私の覚悟です。

 私も「死をふたり」を読んでみて、七月先生の新しい挑戦を楽しみにしたいと思います。すみませんでした。

P.S.
 4月の頭ぐらいに「JESUS」とはまたちがうニュース………これってケータイ小説でしょうか?

作成日: 2010年3月25日(木)
by 山本美孝 (2010-03-25 13:01) 

七月鏡一

 えーと、ケータイ小説は、スクエニさんのアーケードゲーム「ロード・オブ・ヴァーミリオン」(私はシナリオとカードのフレーバーテキストの一部とケータイ小説を担当)でずいぶん前からやっています。
 こっちもいま月イチで連動ストーリーを発表してますが、ゲームをプレイして有料サイトにアクセスしてるプレイヤー向けのサービスなので、「読んでねっ!」と私が気軽に宣伝出来る性格のものではありません。
 4月頭のニュースは別のものです。
by 七月鏡一 (2010-03-25 16:50) 

ジャッジメント

こんばんは。

すみません、皆様。私のつまらぬ感情で不快な思いをした方が多数おられるようなので…

私はせっかくクロスオーバーの企画が進行しているのに水を差すようなことは言わないほうがよいと感じました。

少なくとも、『クロスオーバーは好きでないという意見が多いのでやめました』などとなると個人的に残念だからです。

まあ、私の意見も言葉足らずでダメダメ文章ですけれど。

私はこの企画のおかげで「死がふたりを分かつまで」を知り手にとって良かったと感謝しております。

今後は黙ってカウンターの片隅に居させていただきます。
出入り禁止かな?

では、さようなら。
by ジャッジメント (2010-03-26 18:08) 

K

話せないとは思いますが今後ジーザスサイドと死がふたサイドが完全にリンクするリアルタイムに同時進行事件などはあるのでしょうか?

仮にAという事件が起こり
ジーザス視点からの話と
死がふた視点からの話とで
まるで海外ドラマ24のように
リアルタイムで両作品で同じ事件を扱うみたいな
こっちでこんなやりとりをしてる時に
別の場所ではこんなやりとりをしてる
みたいなのを両作品で
別々の媒体で同時進行するのは前代未聞なんじゃないでしょうか?
別のキャラがあっちに出てたりこっちに出てたり
行ったり来たりで
物凄く忙しい、それこそ戦争になりかねないぐらいヤバいプロジェクトだと思いますが
いつかそんな展開も
見てみたいと思いました。
by K (2010-03-27 08:12) 

マンガー

>ジャッジメントさん

>『クロスオーバーは好きでないという意見が多いのでやめました』などとなると個人的に残念

七月鏡一先生は一部の読者に批判された程度でやめるような覚悟でやられたわけではないかと。そもそもある程度の批判的な意見はやる前から織り込み済みだと思っています。

ちなみに私はジャッジメントさんの書き込みに不快も何も感じていません。
当然、ジャッジメントさんのような全面肯定論のような人もいるのは当たり前との認識です。

>七月鏡一先生
すいません、私も実は『死がふたりを分かつまで』を読んでおりません。
読んでもいないのに批評をするのはおかしいですよね。

もっと根本的なところを申し上げますと、なぜ、たかしげ先生と一緒にやろうと思われたのか気になります。
失礼な話、たかしげ先生は現時点でいったら七月鏡一先生ほどの実績や人気もないわけですし。
なぜ、たくさんいる中で適合条件に合ったのか?
どのようなところに魅力を感じ、続けられるのか?

とりあえず、見守ってます。

PS
「七月鏡一先生大ファンです。することなすこと全部大好きです。」ってコメントしかなかったら誰も見なくなるかと。
いろんな意見があった方が面白いと思います。
むしろ反対派の意見があった方が正しさの証明に燃えるのではないのでしょうか?

by マンガー (2010-03-28 13:07) 

山本美孝

マンガーさんへ

 うーん。とりあえず「死がふた」を読んでから、コメントすべき問題ではないかと思います。もっとも私は「死がふた」を読んだ後も「クロスオーバーにはやや否定派」だったりします。

 それと、どんな優れた作家さんでも最初は実績がないのですから、その指摘は的外れではないかと思います。
by 山本美孝 (2010-03-28 21:05) 

マンガー

>山本さん
読んできました。
わたしの場合、先入観や違和感との問題なのかもしれないです。

七月鏡一先生から見たメリットです。
名前ある人が実績のない人と組んだ場合、実績のない人は売名できる点でメリットがりますが、既に知名度のある人はメリットがないですよねって話です。
by マンガー (2010-03-29 00:12) 

hornet

実績がないって失礼にも程があると思います
スプリガンがあるじゃないですか、映画化もされてます
僕の中ではたかしげさんはマスターと同格かそれ以上の原作者です
クロスオーバーが成功しているどうかはさておき
マンガーさんはご自分の発言が中傷にあたることを自覚されておらず
実績がないという判断がご自分の無知に起因していることまでも自覚されてないように見えます
たかしげさんの実績を公正に判断しても
「売名」っていまさらそれはないでしょう、という感じです
by hornet (2010-03-29 13:16) 

山本美孝

 もうそろそろ後ろ向きの口論は(私も含めて)皆が止めるべき時期に来ていると思います。いろんな見解があっても良いと思います。また、プロの作家さんは、一読者ごときに否定的なコメントを書かれたくらいのことでは、びくともしません。

 また「無礼」とか「不快」とかいうのは変です。そんな後ろ向きの感情は捨てて、ジーザスのように前だけを向いて動きませんか?………というのが今回の口論を読んだ私の感想です。
P.S.
 分かる人にしか分からないでしょうが、私の理想は平井和正先生の「死霊狩り」の中に出てくる林石隆さんです。
by 山本美孝 (2010-03-29 20:44) 

K

>マンガーさん
反対派の意見があってもいいと言います
ただあなたが言ってるのは
「クロスオーバー?七月先生は誰とやるの?
たかしげ宙?今、死がふたりを分かつまでってのやってんだ、読んだ事ないし知らないな
七月先生より実績も人気もない人でしょ、七月先生も自分以下の人と組んで何のメリットあるんだか」って言ってるようなもんですよね

いくらマンガーさんの中で
クロスオーバーが違和感あって失敗してて面白くないと感じてたとしても
その言い方はないでしょうよ

作品の感想までで止めておくならまだしも
一緒に仕事をされてる
たかしげ先生の事をメリットだの実績ないだのと
クロスオーバーは面白くない・たかしげ先生と組んだ事が失敗の元凶だみたいな言い方はするべきではないでしょう

あと山本さん
面白くなきゃ作品についてはともかく
作家さんの事何言ってもいいんですか?
マンガーさんは、つまらない、たかしげ先生と一緒にやらないほうが良かったと言ってるように取れます
大好きな漫画家さん・作家さんだからこそ
まるで家族や友人の事を悪く言われたみたいで物凄く腹立ちました
山本さん、あなたにはそのような感情が存在してないみたいですので何を言っても無駄だと思いますけど…
by K (2010-03-30 10:11) 

リリィ

せっかく先生が用意してくれたブログがこんな状況になってるのが悲しいのですが・・・。
名指しでやり合ってる様であれば個人間でよそで場を設けて議論してほしいです。
先生の気分がそがれてここや雁の巣が無くなる様な事になったら元も子もないので。
by リリィ (2010-03-30 17:32) 

七月鏡一

 えーと、クロスオーバーについて語りたいのはやまやまですが、前提としてまず反論しなきゃなりません。
 マンガーさんの「実績や人気」に関する印象は勘違いです。「実績」を言い出したら「スプリガン」の初版部数を俺はまだ越えられてませんし、「人気」なんて比較データを俺は見たことありません。
 たかしげさんは俺にとってこの稼業の尊敬している先輩ですし、またこのジャンルにおいての恐るべきライバルで、んでもって友だちです。
 クロスオーバーを受けたのも、「たくさんいる中で適合条件」なんてものはありません。この企画はオンリーワンです。「やるか!」「やるべ!」です。周辺の条件の検討はその後の話です。
 企画自体の目的はそれこそいろいろありますが、それはまあそのうち。
 その時はたかしげさんにもコメント書き込んでもらえるよう、声をかけてみます。
by 七月鏡一 (2010-03-30 20:53) 

山本美孝

 まぁ、七月先生が(やむなく?)ご登場いただいたことで、事態は収束しそうなので安心しました。

 それにしても、Kさんは林石隆さんの爪の垢でも煎じて飲んでくださいな(別に喧嘩を売るつもりもないし、喧嘩してもなんのメリットもないので、しばらく黙ります(笑))。
by 山本美孝 (2010-03-30 23:14) 

ルイヴィトン財布コピー

新型シャネル偽物腕時計人気連鎖店ー

2012年最高財布等級時計大量入荷超人気!!
┣時計
┣財布
┣小物
┣秋冬 靴
┗2011新作展示

N級最高等級時計大量入荷
ブランド偽物新品種類がそろっています。
S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
品質がよい、価格が低い、実物写真!
当社の商品は絶対の自信が御座います。
100%品質保証 !満足保障100%!

経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一
★ URL: http://www.lovelovebags.com/
★ 店長:田中一郎
★ 連絡先:sales@lovelovebags.com/
by ルイヴィトン財布コピー (2012-02-07 14:44) 

グッチ バッグ コピー


セールブランド激安店
ブランド品のインターネット販売!
ブランド品 腕時計 飾り物などの買取紹介サイトです!
ヴィトン 、グッチ 、エルメス、 シャネル、コーチ 、ブルガリ、クロエ 、 プラダ 、カルティエ などの9種類が大激売中!
*“信用一”は弊店のサービス趣旨となっております!
*第一時間で最新作を手に入れること!
*商品を発送した後、EMS番号とEMS会社のホームページをご連絡させていただ きます。
*ごほしい物を見つけない場合、弊店を任せて探すことが可能!
*ごほしい商品の情報を提供していただきました後、すぐお探し致します。手 に入れた次第、ご連絡致します。
★ URL:
http://www.bag48.com/
★ 店長: 小形 裕菜
★ 連絡先:info@bag48.com
by グッチ バッグ コピー (2012-03-01 15:10) 

dskina

マジコン專門店dskina.com

NDS, NDS Lite専用(DSスロット限定)
*FAT16/32対応(FAT16を推奨)
*Clean ROM対応
*2GBのMicroSDに対応(4GBのmicroSDHCは非対応)
*スリープモードに完全対応
*スキン(壁紙)変更対応(theme01~theme12のSkin内を変更)
*輝度調節対応(1~4段階)ソフト選択メニューでLボタンで変更
*公式Moonshellではソフトリセット未対応(v1.11で正式対応)
*実機でのスキン(壁紙)変更可(起動時のアイコン選択画面でSELECT、theme01~theme12のSkin内を変更)
http://www.dskina.com
by dskina (2012-05-05 23:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。